誇大な理想

熟年離婚 浮気

元モデルのA自分はタレ性にえらいもてます。1年間にデートやるタレ性の数は数十人。せやけど、年齢はいっとるけど結婚はしてへん。もちろん結婚願望はあるんや。
なんで本日この時まで複数のタレ性って長期間の交際経験がやるけど結婚しなかったのか。この問いにA自分は
「 もっとええタレが見つかるほなあらへんかって思って」って答えます。
またA自分は「毎度パンツルックのタレは脚に傷がやったりやるからそないいうんはアカン」って、時々言いますわ。
A自分ほどもてへん筆者が、条件がそこそこのタレ性ってたまに交際開始やるって
「ふーん、金メダルは狙わんと銀か銅を狙おんや」って言いますわ。

 

恋愛に理想を抱きすぎとるってどないな相手ぇせやけど完全に満足やるこってはおまへん。A自分の場合はへたくそにもてるだけぇに理想を求めてしまいますわ。このタイプの人は、 もっとどこぞ他にええ相手ぇがおるかもしれへんって考え、ちびっと理想から外れとるって思うって一気に気持ちが冷めてなおすこってがあるんや。完璧な理想を求められた相手ぇは疲れ、離れていってしまいますわ。

 

韓流ドラマや携帯小説やらなんやらでぇ理想の恋愛や、オリンピックメダリストのこってさら強調された親子の美談その他色々、メディアは視聴者の理想を引出すこってにたけていますわ。メディアに影響され、せっかくええ人に出おおたけど「 もっとロマンチックな燃えるわうな恋がしたい」って思う人はぎょうさんいますわ。

 

恋愛は勝ち負けでぇはおまへん。大切やねんはひってって比較しやんこってやねん。理想って現実は違って当り前、理想を追いかけておってはどないなに素敵な人が現れても「 もっとええ人」「さらにもっともっってええ人」ってきりがおまへん。
このタイプの人は相手ぇを受けぶちこむやうにやるってええやんう。
また理想にヒイキ順位を付けまひょ。例あげたろか,たとえばやなあ「ギャンブルをしやん人」これは絶対譲れへん。「タバコを吸いまへん人」これは素敵な人でぇやれば譲ってもええ、やらなんやらちゅうやうに。
相手ぇをおのれの理想の枠に当てはめるさかいはなく、相手ぇの長所を見つけ肯定的に見まひょ。
相手ぇを変えるこってはでぇきまへん。相手ぇをおのれの枠にはめこむこってもでぇきまへん。でぇきるんはおのれを変えるこってだけぇやねん。