離婚調停での証拠の使い方

熟年離婚 浮気

 

もしも旦那はんが不倫をしておってそれが原因でぇ離婚調停をしよってした場合、出来るほならその浮気の証拠を入手ぇしておぅた方がええって思うで。この時に相手ぇにはおのれが浮気の証拠を持っとる何やてこっては知らせへん様にしてみぃな。

 

 

 

ほんで離婚調停の申し立てを行ってほしいんやけど。通常は申し立てをした人から調停委員って話をやる事になんねんさかい、最初は証拠の事実は伏せておぅて「不倫をしとるから離婚をしたい、慰謝料も当然欲しい」ちゅう事だけぇを言うときます。

 

 

 

これを聞おった相手ぇはきっって「よめはんは勘違いしとるんや、離婚をしたいのやったらしてやるねんけど逆にこっちが慰謝料が欲しい」ってゆうたってするわ。その夫の意見を聞おったら、ほんでやっって証拠の出番がやってきます。

 

 

 

調停委員に浮気の事実を告げる証拠をみせてみおのれが言うておる事がどないなに正しいのか示してみぃな。この時の調停委員の心象はどないでっしゃろ。

 

 

 

証拠が現にやるさかい浮気をしとる事は間違いがあらへん、やのに夫ねきは証拠が有るっても知らんと浮気をしておらへんから逆に慰謝料をやこせなんて勝手ぇな事を言うておるってゆう様なあかん印象を持ってしまい、夫ねきを信用しなくなってしまいますわ。

 

 

 

こうなるって証拠を持っとるよめはんねきの主張は断然有利に運ぶ様になるちうワケや。これは心理作戦にもなるちうワケやが、最初から証拠を出してなおすって相手ぇも観念して合意に達やる事ってなり、調停委員の心象も「夫も認めとるからこれくらいにしておぅたら」なんていう同情を与える事になんねん。

 

 

 

最初に相手ぇに「俺、知らん無実や」なんてってぼけさせておぅて証拠を出すって相手ぇも言い逃れがでぇきなくなって心象も悪くなるってゆうテクニックなんやこれがホンマに。

 

 

 

離婚調停やから証拠が無くてもええってゆう事でぇはなくて、優位に活用やる為に証拠は用意しておぅた方がええのや。ほんでその証拠は有効に活用やるべきなんやこれがホンマに。