離婚の方法について

熟年離婚 浮気

離婚は主に4つの方法に分けられていますわ。「審判離婚」「裁判離婚」「協議離婚」「調停離婚」になんねん。

 

 

 

日本の離婚事情にやるって90%以上の夫婦は「協議離婚」でぇ離婚しとる様でぇ、法的な人をどなたはんも介さんと夫婦の話し合いだけぇでぇ離婚を決めて実際に離婚をやるちゅう方法になんねん。

 

 

 

次に多いんは「調停離婚」でぇ全体の7〜9%位やって言われていますわ。その残り1〜3%位が「審判離婚」「裁判離婚」になるちうワケやな。基本的に夫婦の話し合いでぇ離婚が進められるのが協議離婚って調停離婚になんねん。

 

 

 

調停離婚の場合は離婚調停を行う事になんねんさかいうち庭裁判所におぅて調停員を立てて離婚の話し合いが進められまっけど、基本的には夫婦間の話し合いを元にして調停離婚は進められる事になんねん。

 

 

 

審判離婚や裁判離婚でぇ離婚やるってゆう事に法廷離婚事由ってゆう離婚をやる為の理由が必要になんねん。例あげたろか,たとえばやなあ「不貞行為が有ったから離婚したい」ってゆう様な内容でんがな。

 

 

 

こないな理由を元に裁判でぇ離婚を決めてもらうってゆう事になるちうワケやが、協議離婚や調停離婚に関してはこないな離婚事由ってゆうもんは必要なくて極かてな話「離婚したいから」ってゆう理由せやけどかめへんのや。

 

 

 

もしくは離婚の理由なんてなくても構いまへん。夫婦間でぇ離婚をやる事を合意さえしてくれればほんでええでなんやこれがホンマに。もちろんどの離婚方法でぇあってんも離婚に際して決めておかなくてはならへん法的な事は有るんや。

 

 

 

財産分与ってか慰謝料やらなんやら、お子はんがおるやったら親権、養育費やらなんやら決めなくてはなりまへん。協議離婚でぇ済む所をこないな決めごってを決める為に行うのが離婚調停なんやこれがホンマに。