離婚調停について

熟年離婚 浮気

 

「離婚調停」ってゆうんは、夫婦関係調整調停の中の1つの事でぇ夫婦円満調停同様にうち庭裁判所でぇ行われていますわ。へーこいてプーよにゆうってやる夫婦が離婚に向けて話し合いをやる上でぇにーちゃんタレそれぞれ1名ずつの調停委員って共にうち庭裁判所でぇ話し合う事を指してんねん。

 

 

 

うち庭裁判所っては言うても本来の裁判ってはちゃうちゃう!さかい、弁護士を付ける必要がおまへん。その為に手ぇ続きもめっちゃへーこいてプーよになっとるのや。

 

 

 

但しこないな離婚調停でぇ財産分与ってか養育費ってか合意しなかった場合になんねんが、離婚調停でぇはなくて審判に持ち越す調停へって段階が上がるさかいに、この場合には弁護士を付ける等の対処法方が必要になってきます。

 

 

 

たまた離婚調停でぇこないな決め事が合意におったり、調停成立ってゆう事になってん場合には調停調書ってゆう書類が作成され、法的な執行が出来るわうになんねんさかい慰謝料やらなんやらの支払いが滞ったら法律的に強制執行される事になるちうワケや。

 

 

 

離婚調停をやる為には調停申し立て費用ってゆうのが必要になってきまっけど数千円って必要的には押さえられとる為に、もしも夫婦だけぇの話し合いでぇ離婚が成立しやん様でぇやれば協議離婚から離婚調停へ申し立てやるってゆう事も考えてみてはいかがでっしゃろか。

 

 

 

離婚調停は弁護士を付けへんでぇ決めなくてはあかん事を第三者を交えてうち庭裁判所内でぇ決めていける離婚方法になんねん。やる意味冷静に決められるさかいええって思うで。離婚をお考えの方はこないな離婚方法もやるのやってゆう事を覚えておくってええやんな。